logo

WWDC 2018について「Siri」に聞いてみた--音声の変更や新型「HomePod」の登場を示唆

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年05月22日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Siri」はしゃべりたくてたまらない気分なのに違いない。

 6月に予定されているAppleの年次開発者会議「WWDC 2018」についてSiriに質問すると、新しい「HomePod」や「Siri」の音声の変更に関するうわさについて喜んで話してくれる。「Tell me about WWDC」(WWDCについて教えて)とSiriに尋ねてみればいい。以下の画像のように、興味深い話を聞かせてくれるはずだ。この件は、Apple関連のブログThe Apple Postによって初めて確認された。

提供:Screenshot by Gordon Gottsegen/CNET
提供:Screenshot by Gordon Gottsegen/CNET

 このブログによれば、Siriは「新しい家(home)」のデザインが「メッシュとマット」になると述べている。これはおそらく、スマートスピーカーHomePodの新製品を意味しているのだろう。Appleが廉価版のHomePodをリリースするといううわさは以前から流れており、Siriはこのことについて語ったと思われる。

 Siriはまた、新しい音声の導入やその他の機能強化についてもほのめかしている。したがって、WWDC 2018でSiriに関する発表が行われることが予想される。Siriの今の声には愛着があるが、AppleがスマートアシスタントのSiriにどのような変更を加えるのか、非常に楽しみだ。Amazonの「Alexa」を搭載した新しいデバイスが次々と登場し、「Google Assistant」に人間らしく話し、人に代わって電話をかけてくれる新機能「Google Duplex」が導入されるなか、Siriは両者を追いかける立場にある。

 詳しい内容は、米国時間6月4日から8日まで開催されるWWDC 2018で明らかになるだろう。

 この件についてAppleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

提供:Andrew Hoyle/CNET
提供:Andrew Hoyle/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]