logo

コインチェック、匿名含む一部仮想通貨を取り扱い廃止に--6月18日より

山川晶之 (編集部)2018年05月18日 18時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コインチェックは5月18日、同社が運営する仮想通貨取引サービス「Coincheck」において、一部通貨の取り扱いを廃止すると発表した。

 同社では、NEMの不正流出事件に関する金融庁からの業務改善を受け、内部管理態勢と経営管理態勢などを見直した結果、マネーロンダリング防止やテロ資金供与対策の管理態勢の整備・強化が必要であることを踏まえ、仮想通貨の特性を踏まえた各種リスクの再検証を実施。

 その結果、Monero、Dash、Zcashの匿名通貨に、Augurを含めた4通貨の取り扱い廃止を決定した。廃止日は2018年6月18日で、通貨の売買、入出金、保有、コインチェックへの貸し出しができなくなる。また、廃止日に対象通貨を保有していた場合、市場価格で売却し、日本円に転換される。

 Monero、Dash、Zcashは、外部から取引記録が参照できず、匿名性が高い通貨として知られている。マネーロンダリングに使用される可能性があり、コインチェックから流出したNEMも、多くが追跡できないDashに換金されていた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]