logo

DMM、健康的な献立レシピを提案するアプリ「MENUS(メニューズ)」を公開

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年05月15日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DMM.comは5月15日、健康献立レシピ提案アプリ「Ohganic」を新たに「MENUS(メニューズ)」(読み仮名までが正式名称)としてリブランディングし、運営を開始したと発表した。同社は2018年1月にOhganic事業(累計60万ダウンロード)を譲り受けていた。


 MENUS(メニューズ)は、健康をテーマにした条件や、その日の気分などから、一人ひとりに寄り添った健康的な献立を提案するレシピアプリ。プロが考えた誰でも美味しく作れるレシピを収録し、個々のパーソナル情報(摂取カロリー、アレルギー、調理時間、嫌いな食材を考慮)を元に管理栄養士が監修した400万種類以上の献立の中から提案する。また、お気に入り情報をもとに、好きな献立を学習してパーソナライズの精度が向上するという。

 さらに、貧血予防、冷え性予防、目の疲れなどの体調管理や、糖尿病、高血圧、メタボ予防などの病気予防も考慮。冷蔵庫の余り物や、和洋中/肉魚麺などの「料理ジャンル」、肉じゃが/ハンバーグなどの「定番料理」からも提案する。そのほかの機能として、チェック機能付きの買い物メモや、学べる料理コラムを収録するという。


 栄養バランスを考えた献立作りは、料理の未経験者にとって難易度が高く、男性の家事進出に高いハードルとなっている。そのためMENUS(メニューズ)では、単品料理を選んで献立を作るのではなく、利用者一人ひとりの条件をもとに「健康的な献立を提案する」ことに重きを置いたという。利用者の「考える」「探す」「選ぶ」を最小化し、楽しく便利で健康的な食生活を支援することを目指す。

-PR-企画特集