logo

降雪時の自動運転に機械学習を活用--Waymoが「Google I/O」で取り組み紹介

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年05月10日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Waymoは、米国時間5月8日から開催されているGoogleの開発者カンファレンス「Google I/O」で、自動運転車の降雪時の走行を補助するため、Googleの機械学習に関する取り組みを活用していることを明らかにした。Waymoのセンサは、雪をノイズとして検知する。画像を見ると、雪は巨大な紫色のノイズとして表示され、その他のものが見えないようにしてしまっているのがわかる。車両が、静止した固体のオブジェクトに囲まれている状況だと判断すれば、この車両は停止してしまい、春になるまで動かないだろう。

 ここで機械学習が活用される。機械学習を使えば、雪が生み出すノイズをすべてフィルタリングし、取り除くことができる。こうして得られた画像は、道に駐車している車両のほか、縁石の位置もしっかりと捉えているようだ。行く手を阻んでいたノイズがなくなったことで、Waymoの車両は引き続き道を進むことができる。あとは、この車両が冬用タイヤを装着していれば、安全第一で走行できるはずだ。

 悪天候への対処は、自動運転車を公道で使えるようにする上で、極めて大きな障害のひとつになっている。


提供:Waymo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]