logo

メルカリ、“学び”のフリマアプリ「teacha」--学研プラスやユーキャンと連携

山川晶之 (編集部)2018年04月25日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリ傘下のソウゾウは4月25日、学びのフリマアプリ「teacha(ティーチャ)」のiOS版とウェブ版を提供開始したと発表した。


「teacha」

 teachaは、勉強から趣味、スポーツ、ユニークなものまで、あらゆるレッスンをフリマ感覚でやり取りできるスキルシェアサービス。学びたい人は、さまざまなレッスンから学びたい分野を選択でき、教える人はプロから趣味レベルまで、得意なことをレッスンにすることができる。teachaでは、メルカリのIDと連携しており、同一アカウントで利用可能だ。

 レッスンのラインナップは、語学、資格の勉強、趣味の習い事などの一般的なものから、「UFOキャッチャーマスター講座」、「赤ちゃんの寝かしつけ講座」、「谷中銀座を案内します」など地域に特化した学びまで、ユニークなレッスンが揃っている。

 teachaでは、専用アプリからレッスン内容(時間や料金、空き時間など)を登録し、学ぶ人側からのリクエストを承認するとレッスンが成立する。1レッスンあたり最短30分、料金は最低500円から登録でき、受講人数は最小1人から最大6人まで設定可能。オンラインでのレッスンにも対応する。レッスンが終わると、教える人・学ぶ人お互いに評価することでレッスン完了となる。


教える人、学ぶ人それぞれの主なフロー

 オフィシャルパートナー第1弾として、学研プラスとユーキャンが参加。今後はオフィシャルパートナーの講座で学んだことを生かす場所としてteachaを活用したり、教えたい人向けのフォローアップ講座などをパートナーが提供するといった連携を予定しているという。

 違反行為を防止するために、24時間体制でメッセージ内容や通報を確認。年齢制限を設けており、高校生を除く18歳以上が利用可能となるほか、教える側は、公的証明書による本人確認を設けている。また、エスクロー決済システムを採用。アカウントの複数保持や、外部サイト・個別連絡への誘導なども禁止している。

 なお、レッスンが実施された際の手数料として、教える人に対してレッスン料金の20%が発生する。また、売上金が1万円以上の引き出し手数料は無料だが、1万円未満の場合は210円が発生する。レッスンの開催・受講にあたり発生する交通費、レッスン場所のレンタル料金、飲食代などはユーザーが負担する。また、6月4日11時59分まで、レッスン開催側の手数料が無料となるキャンペーンも実施する。

 teachaは、メルカリが実現してきた「誰もがスマホひとつで簡単に売ったり買ったりできる」という世界観を“学び”の分野に応用することで、個人が持つ経験や得意なこと、時間などの有効活用を実現するとしている。また、勉強や習い事などこれまでの教育市場にはなかった新しいユニークなレッスンを生みだし、新たなマーケット開拓を目指すとしている。

-PR-企画特集