logo

ソニー、連ドラとアニメは1カ月前予約からOK--4K Ultra HD ブルーレイにも対応

加納恵 (編集部)2018年04月24日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月23日、BDレコーダーに「4K Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応した新モデル6機種を発表した。連続ドラマ・アニメを最長1カ月前から先行予約できる新機能「新作ドラマ・アニメガイド」も備える。発売は5月26日。

 新モデルは、地上、BS、110度CSデジタルチューナを3系統搭載した「BDZ-FT3000/FT2000/FT1000」と、2系統搭載した「BDZ-FW2000/FW1000/FW500」の計6機種。いずれもソニー初となる4K Ultra HD ブルーレイの再生に対応する。


「BDZ-FT3000」

 新機能の新作ドラマ・アニメガイドは、連続ドラマとアニメを最長1カ月前から先行予約できる、独自機能。従来EPG経由での録画予約は初回放送の8日前にならなければできなかったが、ネット経由で供給する専用の番組データを活用することで、1カ月前からの予約を実現した。

 ドラマ・アニメ専用の、予約した番組数から作成する「予約ランキング」と、話題の大きさにもとづく「クチコミランキング」の2つを用意。録画済みの番組の出演者が出る他番組、同じジャンルの話題の番組や、番組のクチコミ情報などを表示する「関連動画」機能も搭載する。

 ソニーのテレビ「4Kブラビア」と組み合わせれば、録画番組の内容や画質に関する情報をBDレコーダー側で調整しブラビアに送り出す「4Kブラビアモード」により、最適な高画質を実現。24pや30p映像に加え、よりフレーム数が多く高画質の60p映像までの4Kアップコンバート機能も備える。

 ビデオカメラ「4Kハンディカム」で撮影した動画の取り込みや、その4K動画のBD保存に加え、4K MP4動画の差分取り込み、サムネイル表示や連続再生対応などにも対応。3チューナモデルでは、3番組を同時に長時間モードで録画することも可能になった。

 FLAC、WAVなどに加えて、DSD(5.6MHz)再生もできるほか、映像・音声信号用のHDMI出力に加えて、音声信号専用HDMI出力も搭載。外付けHDDへ直接録画できるSeeQVaultにも対応する。

  • BDZ- FT3000(3チューナ、HDD:3Tバイト、想定税別価格:11万円)
  • BDZ- FT2000(3チューナ、HDD:2Tバイト、想定税別価格:9万円)
  • BDZ- FT1000(3チューナ、HDD:1Tバイト、想定税別価格:7万5000円)
  • BDZ- FW2000(2チューナ、HDD:2Tバイト、想定税別価格:8万円)
  • BDZ- FW2000(2チューナ、HDD:1Tバイト、想定税別価格:6万5000円)
  • BDZ- FW1000(2チューナ、HDD:500Gバイト、想定税別価格:6万円)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]