logo

[ブックレビュー]40年経っても色褪せない真実--「[新装版]ピーターの法則」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 248ページ / ダイヤモンド社 / 著者:ローレンス・J・ピーター, レイモンド・ハル / 監修:渡辺伸也 / 発売日:2018/03/24 / 外形寸法 (H×W×D):18.9cm×13.2cm×1.9cm / 重量:0.3kg
内容:1970年に邦訳が出版された後、2003年に新訳版が出され、今回はさらにその新装版だというのだから驚きだ。すでに読んだことのある人も多いかもしれない。しかしながら、その内容が、今でもまったく古くなっていないことには、さらに驚かされる。
「[新装版]ピーターの法則」
「[新装版]ピーターの法則」

 1970年に邦訳が出版された後、2003年に新訳版が出され、今回はさらにその新装版だというのだから驚きだ。すでに読んだことのある人も多いかもしれない。しかしながら、その内容が、今でもまったく古くなっていないことには、さらに驚かされる。なんということだろう。人は、40年以上もまったく進歩していないのではないか。

 「政治家は無能だ」とは誰しも思うだろう。そして、そんな無能は、会社や学校や地域のコミュニティなどでもみかけるはずだ。しかし、自分もまた「無能」の烙印を押される側になる可能性が十分にあるということ。それはともかく、読めば読むほど「いるいる」「あるある」だらけで笑うしかなくなってくる。「それってもしや私のことでは」とおそろしい気持ちになったりもする。それほどに、よくある光景・よくいる人の例ばかりだ。それはもう「法則」と呼びたくもなるわけだ。

 「『無能』にならないように、今いる場所に居続けて、昇進して責任ある仕事につくなどしなければいいのでは?」とは誰しも考えるようで、昇進を断った場合の末路は悲しい。ならばと「昇進をもちかけられない人になる」のはどうなのか。続きは本書でたしかめて欲しい。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]