logo

韓国カカオ、ブロックチェーン子会社を設立へ--国外でICOを計画か

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2018年03月07日 10時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国のチャットアプリ大手Kakao Corporationが、ブロックチェーンの子会社を設立すると発表した。

 Kakaoによると、新会社の名称は未定だが、最高経営責任者(CEO)には、スタートアップ支援企業FuturePlayの最高技術責任者(CTO)を務めるJaesun Han氏が就任する予定だという。

 Kakaoは現在、モバイル決済ソリューション「KakaoPay」向けに、ブロックチェーン技術を活用した認証サービスを提供している。

 Kakaoはまた、仮想通貨取引所「UPbit」を運営するDoonamuの株式を約20%保有している。

 そのため、Kakaoが韓国国外で新規仮想通貨公開(ICO)を実施するのではないかという憶測が流れている。ただし同社は、この件の真偽を明らかにしていない。

 韓国政府は2017年、ICOを禁止した。また、ビットコインの価格が急騰したことを受け、2018年に入ってからは仮想通貨が激しい議論を呼ぶ問題になった。

 韓国政府は仮想通貨取引を禁止していないが、それ以来匿名での取引を禁じるなどの規制を実施している。政府は、今後も市場を規制しながら、ブロックチェーン技術発展の支援を継続する意向だと述べた。

 Kakaoは、韓国で最も人気の高いチャットアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」を提供している。また最近では、人工知能(AI)スピーカやモバイル駐車サービスを手掛けるなど、AIやIoTの分野に参入して新たな成長を目指している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]