logo

メドピアグループ、スギ薬局グループと業務資本提携を締結--「IT×地域密着」サービスへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  メドピアは3月5日、スギホールディングスと業務資本提携契約を締結したと発表した。

 また、同社によるスギホールディングスに対する第三者割当および、連結子会社であるMediplatによるスギ薬局(スギホールディングスの100%子会社)に対する第三者割当により、それぞれ新株発行を行うことを決議した。

 同社グループは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」の理念のもと、国内医師の3人に1人にあたる医師10万人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を基盤としたドクタープラットフォーム事業を中心に事業を展開。

 また、医と食の専門家ネットワークを活用した予防医療(ヘルスケアソリューション)事業として、Mediplatにおいて医師によるオンライン医療相談サービス「first call」を中心とした遠隔医療事業を、フィッツプラスにおいて管理栄養士による食生活コーディネートサービス「ダイエットプラス」を中心とした食生活改善支援事業を展開している。

 スギ薬局グループは、スギ薬局において、調剤併設型ドラッグストアを中心に東名阪に1000店舗以上展開し、680万人以上のポイント会員数、400万人以上のアプリ(スギともおよび、LINE)会員数を有している。

 調剤領域においては、年間780万枚を超える処方箋応需を行うと共に、400を超える店舗において在宅調剤を実施している。また、予防・未病期においては、300人を超える店舗所属の管理栄養士を活用した健康データの測定および、その結果に基づいた食と運動の両輪での予防医療領域サービスを提供。

 さらに、スギホールディングスの100%子会社であるスギメディカルにおいて、地域の患者にとって最適な地域包括ケアシステムの実現を目指し、訪問看護・居宅介護支援事業なども展開している。

 こうした中、両社グループが互いの経営資源を活用して協業することにより、健康・医療・介護領域におけるネットとリアルを融合した統合型プラットフォームを創出。「IT×地域密着」を軸とした独自の予防・医療サービスを開発・提供することを目指す。

 また、スギ薬局が保有している店舗網や顧客基盤、MedPeerにおける医師による医薬品の口コミデータ(集合知)など、両社が患者および、医療従事者から集める健康・医療データを活用した製薬企業向けの新たなマーケティング支援サービスを構築する。

 なお、両社の経営資源を活用することで、(1)セルフケアプラットフォーム事業、(2)製薬企業向けマーケティング支援事業、(3)医師開業支援プラットフォーム事業、(4)在宅医療プラットフォーム事業といった4つの事業を共同で実施する。

 セルフケアプラットフォーム事業は、スギ薬局の来店者など(コンシューマー)に向けて、アプリと店舗を通じた医療・栄養相談、食生活改善プログラムなどのセルフケアサービスを提供。製薬企業向けマーケティング支援事業は、両社が保有している資産を活用した、製薬企業向けのマーケティング支援サービスを構築し、製薬企業向けに提供する。このほか、医師開業支援プラットフォーム事業は、同社の医師10万人の会員基盤とスギ薬局のもつ開業用地を活用した、開業希望医師に向けたオンライン上の開業支援プラットフォームを構築・提供する。

 在宅医療プラットフォーム事業では、同社の医師10万人が登録するコミュニティプラットフォームと、スギ薬局のもつ訪問薬局・訪問看護ステーションを活用した、在宅医療従事者向けコミュニティ事業や在宅医療開業希望医師への開業支援や薬剤師などの専門家に対する求人サービスなどを提供する。の他、両社の資産を活用した医療関連サービスを検討するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]