logo

最新カメラが集う「CP+ 2018」開幕--発売前の新製品をいち早く体験 - (page 2)

坂本純子 (編集部) 山川晶之 (編集部)2018年03月01日 17時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックブースでは、ハイエンドミラーレスカメラとして動画撮影に特化した「LUMIX GH5S」と、静止画撮影に特化した「LUMIX G9 PRO」に加え、3月中旬に発売予定のミドルクラス「LUMIX GX7 MarkⅢ」、2月に発売されたエントリークラス「LUMIX GF10/GF90」、1インチセンサを搭載しつつ24−360mmの15倍ズームレンズを内蔵したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX TX2」、新型望遠レンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0」など、新機種を一度に体験できるコーナーを設けている。


パナソニックブース

 キヤノンブースでは、発表されたばかりの新製品「EOS Kiss M」を使った撮影コーナーをはじめ、「EOS-1D X Mark II」や「EOS 5D Mark IV」による超望遠レンズ体験や、豊富なラインアップの交換レンズ体験ができるコーナーが勢ぞろいだ。EOS Kiss Mは、大きなジオラマの中を走る鉄道模型を撮影でき、フォーカスの速さや連写を体験できる。

キヤノンブース
キヤノンブース

 オリンパスのブースでは、3月に発売する小型・軽量ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN E-PL9」をはじめ、「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」などのミラーレスカメラを体験できる。コンパクトなタフカメラ「TG-5」も、水中撮影仕様のハウジングやライト類を装着した状態で展示。著名な写真家らが「OM-D E-M1 Mark II」の魅力を語る「BLUE STAGE」や、「PEN / OM-D」での撮影の楽しさを語る「WHITE STAGE」などステージイベントにも力を入れている。

オリンパスブース
オリンパスブース

 リコーイメージングのブースでは、4月に発売するKシリーズ35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1 Mark II」ほか、各種ボディと645、K、Qの各種交換レンズ、アクセサリを体験できる。話題のK-1を実際に手に取って試せる初めての機会だ。

 このほか、360度の全天球カメラ「RICOH THETA V」とビデオ会議サービスを組み合わせ、360度4K映像ライブストリーミングを体験できる「RICOH 4K & 360 VR Live Communication」を参考出品している。

リコーイメージングブース
リコーイメージングブース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]