logo

オンキヨー、「Onkyo AI」搭載の車載用スマートスピーカ開発--MWCに出展

加納恵 (編集部)2018年02月26日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは2月26日、独自AI「Onkyo AI」を搭載したクルマで使えるスマートスピーカ「AIスマートオートモーティブ」を開発したと発表した。2月26日から3月1日までスペイン、バルセロナにて開催されるMWC(Mobile World Congress)2018に出展する。

「AIスマートオートモーティブ」
「AIスマートオートモーティブ」

 AIスマートオートモーティブは、SIMとバッテリを搭載し、車だけでなく屋外やアウトドアでも使えるAIスピーカ。ノイズが多い車内でも高い音声認識率と、聞き取りやすいAIアシスタント音声を実現し、集音技術の活用により、アウトドアや家庭内で離れた場所からでも、AIアシスタントを使用できる。

 多様なニーズに応えるカスタマイズが可能で、時間、位置、ユーザー特性を組み合わせ、さまざまなサービスを提案。AIエンジンにはSoundHoundの対話型音声対応知能「HOUNDIFY」を活用し、音声による、複数キーワードでの絞り込み検索もできる。

 AIスマートオートモーティブは、MWCのトヨタ自動車株式会社のSDLコーナーに出展するとのこと。2019年の販売開始を予定している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]