logo

京急とスペースマーケット、沿線の空き部屋をレンタルスペースにリノベーション

加納恵 (編集部)2018年02月23日 16時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京浜急行電鉄とスペースマーケットは、アパートの空き部屋を活用したレンタルスペース「fika上大岡」を2月26日にオープンすると発表した。

レンタルスペース「fika上大岡」
レンタルスペース「fika上大岡」

 fika上大岡は、京急が所有するアパートの空き室を、スペースマーケットがリフォームのプランニング、家具などをコーディネートしてプロデュースしたもの。少人数のパーティー、誕生日会、女子会、ママ会などの用途に利用できる。

 スペースマーケットが管理、運営をし、「スペースマーケット」のウェブページで、予約から利用後の支払いまでができる。

 京急沿線では少子高齢化が進み、空き家、空き室が増加傾向にあるとのこと。両社は、今回の取り組みをきっかけに、不動産活用の新しい選択肢として、賃貸だけではなく、新たに「時間貸し」を提案し、空き家、空き室の解消、さらには沿線の価値向上へつなげていくとしている。

リフォーム前(左)、リフォーム後(右)
リフォーム前(左)、リフォーム後(右)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]