logo

TATERU bnb、ICTを活用したスマートチェックインサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インベスターズクラウドは2月21日、同社の子会社であるTATERU bnbが、6月施行の旅館業法改正に対応したチェックインサービスとして、ICTを活用したスマートチェックインサービス「bnb kit」の開発を行うと発表した。

 旅館業法改正では、民泊物件にてICTを活用した非対面形式のチェックインが可能となる。これに対応して開発するbnb kitは、宿泊者が宿泊場所に到着後、現地でチェックインできるというものだ。

 PCやスマートフォンで宿泊サイトから予約をすると、予約完了時にスマートキーが発行され、宿泊客は宿泊施設に到着後、そのスマートキーで解錠し、入室できる仕組み。

チェックインフロー
チェックインフロー

 部屋にはタブレット型の「スマートチェックインパッド」が設置されており、チェックイン処理や宿泊情報の取得が可能だ。施設周辺の情報取得や、レストラン、タクシーなどの予約が可能な「TRIP PHONE」の無料レンタルも含まれている。

 インベスターズクラウドは、bnb kitの活用により、民泊運営代行会社の運営コスト削減が期待できるとともに、チェックインフローの開発により、運営のワンストップサービスの提供が可能になるとしている。

bnb kit

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]