logo

テクノロジで見つけ出す最適な住まい--「CNET Japan Live 2018」2月27日にハウスコム登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「CNET Japan」を運営する朝日インタラクティブは、IoT時代でAI活用があたりまえになった世の中で、ビジネスを成長させるためのコミュニケーションのあり方を議論する「CNET Japan Live 2018」を2月27~28日にソラシティカンファレンスセンター(東京・御茶ノ水)で開催する。一部有料になり、来場するには事前登録が必要だ。定員は400人。

 20の講演を実施するほか、AIを使った自動校正技術の特許出願を持つ朝日新聞社メディアラボなどによる展示コーナーも設ける。

 2月27日14時30分~15時20分に開催する「A-2」セッションでは、ハウスコム代表取締役社長の田村穂氏による講演「リアルとAIの融合で『部屋の信用』を見える化する」を行う。

 ハウスコムでは、部屋や周辺環境から、貸主、借り主の関係性、子育て環境など、住まいに関する価値を見える化することで、よいより住居環境を提供している。

 人によって異なる価値ある情報を選別するために用いているテクノロジはどんなものなのか。ハウスコムが実行する”住んだ先”のライフスタイルを事前に体感提供できるサービス構築の方法を紹介する。

 イベントのチケットは3種類。全セッションに参加できる「Premierチケット」は1万800円で、早期割引期間中は6480円となる(いずれも税込)。ほか、「学割チケット」が4320円、展示会場に参加できる「Generalチケット」は無料だ。

CNET Japan Live 2018 AI時代の新ビジネスコミュニケーション

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集