logo

イルミネーションと任天堂、共同で「マリオ」をアニメ映画化

佐藤和也 (編集部)2018年02月01日 13時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アニメ映画製作を手掛ける米国のイルミネーションと任天堂は2月1日、共同でキャラクター「マリオ」を扱ったアニメ映画の企画開発を開始したと発表した。

 このプロジェクトのプロデューサーは、イルミネーション創業者で代表を務めるChris Meledandri氏と、任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏が共同で担当。映画にはUniversal Picturesと任天堂が出資し、配給は全世界においてUniversal Picturesが行うという。

 今回の取り組みについて、任天堂では「このプロジェクトを通じて、ゲーム以外の形においても任天堂IP(知的財産)を積極的に活用し、世界中で一人でも多くの皆様を笑顔にするための努力を続けていく」とし、イルミネーションでは「このプロジェクトを通じて、世界中の全年齢のお客様に、スーパーマリオという世界で最も有名なフランチャイズの愛されるキャラクターとストーリーに繋がっていただき、全てのプロパティに喜びと発見を注入するという会社の命題の達成に取り組み続ける」と説明している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]