logo

新興スマホメーカーのOPPO Japan、日本市場に参入--セルフィー強化スマホで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジアを中心にスマートフォンを展開するOPPO Japanは1月31日、日本市場参入第一弾のスマートフォン「R11s」を発表した。市場想定価格は5万7980円(税別)。2月9日より、ビックカメラやヨドバシカメラで発売する。


 R11sは、シャンパーニュ(ゴールド)、ブラック、レッドという3色のカラーバリエーションで展開。SIMロックフリー端末で、国内大手キャリアの通信規格に対応する。

 また、同社が提唱する「カメラフォン」を体現するスマートフォンとなっており、背面のカメラ構成は、f/1.7大口径レンズ搭載の2000万画素+1600万画素のデュアルカメラ仕様。光の強さによりメインのカメラを切り替え、50lux以下であればより強い感度のカメラを使い、昼夜を問わず鮮明な写真が撮影可能。

 特に暗い場所では、2000万画素カメラが暗いシーンを自動判別し、画素ピッチを2.0μmに、フォトセンサの有効面積を4倍に拡大。夜でも明るく、美しいポートレートの撮影が可能だという。


 2000万画素の前面カメラには、撮影した人物写真を被写体ごとに調整し、自然で最適な美顔効果を付与できる「AIビューティー認識技術」を搭載している。

 画面サイズは、6.01インチ(2160×1080dpi)でアスペクト比18対9の縦長のAMOLEDを採用。前面に占めるスクリーンの比率は85.8%となるフルディスプレイ仕様となっており、操作性と美しさを兼ねそえた独自のクレッセントアークデザインでは、特にコーナーのラウンド形状をカスタマイズした。

 また、インカメラモジュール全体のサイズを22.7%縮小することで、スクリーンに合うように設計。最終的に5.5インチ用の筐体(長さ155.1mm×幅75.5mm×厚さ7.1mm)に収めている。

 充電は、同社が開発したVOOCフラッシュチャージ技術を搭載により、5分間の充電で2時間の通話が可能。この技術により、バッテリを低温・低電圧で、高速かつ安全に充電でき、スマートフォンの使用中でもフラッシュチャージが可能だという。

 CPUにはQualcomm Snapdragon 660の2.2GHzオクタコア、メモリはRAM4Gバイト/ROM64Gバイト(micro SDカードにより256Gバイトまで拡張可能)を搭載。OSには、Android 7.1をベースに自社開発した「Color OS 3.2」を採用した。

 同社によるとColor OSは、利便性に優れたデザイン性、アプリケーションの起動やデータ処理の高速化、バッテリ寿命の向上、優れたセキュリティ機能など、ユーザー体験に優れたカスタムOSだという。

 OPPOは、中国のスマートフォンメーカーで、2017年に「OPPO Japan株式会社」を設立。セルフィーのビューティフィーケーション機能を特長とし、2017年にはIDCの調査でグローバル第4位にランクインするなど、急成長を遂げている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]