logo

LINEモバイル、ソフトバンクと資本業務提携

山川晶之 (編集部)2018年01月31日 16時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEの完全子会社であるLINEモバイルとソフトバンクは1月31日、LINEモバイルが展開するMVNO事業「LINEモバイル」において戦略的提携を進めることについて基本合意したと発表した。


LINEモバイル代表取締役社長の嘉戸彩乃氏は引き続き続投(写真は2017年3月のLINEモバイル会見

 これは、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携に加え、MVNO事業推進のための業務提携で構成される。詳細については今後の両社協議で決定するとしている。2018年3月の取引完了時の出資比率は、ソフトバンク51%、LINE49%。ソフトバンクとのパートナーシップを生かし、総合通信事業者の知見を活用した事業運営を実現するという。代表取締役社長は嘉戸彩乃氏が続投する。

 LINEモバイルは、2016年9月にサービスを本格提供開始。LINEやTwitter、Facebook、Instagramといった主要SNSなどのデータ通信量をカウントしないサービスなど、特徴のあるプランを展開している。2017年10月~12月における申込件数は前年同期比で約2.3倍、2017年12月にはユーザー1人あたりの平均月額サービス利用料は前年同月比約1.3倍まで成長、サービス開始からこれまでの平均月間解約率は0.92%と順調だという。

 同社では、ユーザーニーズが多角化し、あらゆるニーズにマッチしたサービス展開が求められるなか、ユーザーの生活に寄り添ったモバイル通信サービスの提供をより拡大させるべく、ソフトバンクとのパートナーシップに至ったとしている。LINEやオンライン上であらゆる手続きやサービスを受けられるようになるという。

 なお、「LINEモバイル」のユーザーは、これまで通りサービスを利用可能。同社では、LINEを入り口とした人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がるスマートポータル戦略の推進につなげるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]