logo

LINEが金融事業の新会社--仮想通貨や保険、ローンなどの金融サービスを展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは1月31日、金融事業領域を強化すべく、新会社「LINE Financial」を1月10日に設立したと発表した。資本金は50億円。

 LINE Financialの代表取締役には、LINE代表取締役社長の出澤剛氏が就任するほか、同社取締役の舛田淳氏と黄仁埈氏がLINE Financial取締役に就任する。同社では、LINE上で仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった金融関連のサービスを提供する準備を進めている。仮想通貨事業関連に関しては、すでに金融庁への仮想通貨交換業者登録のための手続きを開始しており、審査中だとしている。

 同社がこれまでに培ってきた日々のメッセージを扱うセキュリティ技術に加え、ブロックチェーン技術などの研究開発を積極的に推進。ユーザーにとって便利で、安全な金融サービスの提供を目指す。さらに、この分野に精通した技術者や関連人材の採用も積極的に展開するとしている。

 同社では、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」が2017年に世界での年間取引高が4500億円を突破し、登録ユーザー数も4000万人を達成するなど、大きく拡大したという。同社では、さらに革新的な金融サービスの構築・提供をすべく新会社を設立したとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]