logo

Waymo、自動運転の配車サービスに向けFiat Chryslerから大量調達へ

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年01月31日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleからスピンオフしたWaymoは、独自の自動運転シャトルサービスを開始する準備を進めているが、その前にさらに多くの車、しかもはるかに多くの車が必要になる。

Waymoの自動運転車
提供:Waymo

 WaymoとFiat Chrysler Automobiles(FCA)は米国時間1月30日、各種サービスの展開に先駆けて自動運転車を十分に拡充するため、FCAがWaymoにミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」を「数千台」納入すると発表した。

 現時点でWaymoは600台のPacificaを確保しているため、今回の発表は大きな前進となる。WaymoはFCAからミニバンを納車され、その後これらのミニバンに米自動車技術者協会(SAE)が定める基準でレベル4の自動運転に必要なハードウェアとソフトウェアを装備する。なお、SAEレベル4では、特定の運転モードでフェイルセーフ(安全装置)としてのドライバーは不要になる。

 Waymoは、2018年にアリゾナ州フェニックスで単独の無人パイロットプログラムを開始する計画だが、ミニバンの展開は同市だけにとどまらない。Waymoはプログラムの拡大を検討しており、他の場所でも同様のプログラムを開始する準備を進めている。

 FCAは、2018年中に新型Pacificaの第1弾をWaymoに納車する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]