logo

「モンスターハンター:ワールド」が全世界で500万本出荷--発売から3日で

佐藤和也 (編集部)2018年01月29日 19時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは1月29日、1月26日に発売したゲームタイトル「モンスターハンター:ワールド」について、全世界で500万本を出荷(ダウンロード版販売実績を含む)したと発表。発売から3日でシリーズ最高の出荷本数を更新したとしている。

 モンスターハンター:ワールドは、巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」シリーズの最新作。据え置き機向けには9年ぶりで、シリーズ初の世界同日発売を実施。全米・欧州(中東、アフリカ、オセアニア地域含む)・アジア(日本含む)地域でPS4版を、全米・欧州(中東、アフリカ、オセアニア地域含む)地域でXbox One版を、それぞれ1月26日に発売した。

 今後モンスターの追加など、数回の無料アップデートを予定。またPC版の発売も予告されており、発売日は後日発表する。加えて、日本一のハンターを決定するモンスターハンター:ワールド狩王決定戦を開催予定であるほか、ハリウッドでの映画化やユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて開催中の「モンスターハンター・ザ・リアル」など、ゲーム 以外の領域でもIP展開を推進していくという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]