logo

BMWとダイムラーがカーシェアリング事業を統合か

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年01月25日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツの自動車メーカー、BMWとDaimlerは現在、よく似た形態のカーシェアリングサービスをそれぞれ独自に展開している。だが両社はまもなくこれらのサービスを統合する可能性がある。ターゲットとなるのは、個人で車を購入する意向のない人たちだ。

 Reutersが一方の企業の上級幹部の話として報じたところによると、両社はBMWが出資するカーシェアリング企業DriveNowと、Daimlerの子会社car2goの統合に向けて協議しているという。両社はこの件に関するコメントの要請に今のところ応えていない。DaimlerはReutersに対し、憶測にはコメントしないと述べている。

 報道によれば、BMWとDaimlerは最終段階に及んでいるという。両社はカーシェアリング市場で手を結ぶことになるが、統合によって生まれる新会社は独立経営となる。BMWとDaimlerは大株主として今後も関与するが、新会社の経営を直接統括することはないという。また、BMWの「ParkNow」アプリなど、その他の資産も統合の対象に含まれるとのことだ。

 BMWとDaimlerが自動車市場で激しい競争を繰り広げていることを考えれば、今回の提携は意外に思えるかもしれない。だがカーシェアリング市場では、両社にはUberという共通の敵が存在している。Uberは大規模なユーザー基盤を有しているため、この提携は「敵の敵は味方」という類のものと捉えることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]