logo

DMM、仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」をローンチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DMM.comは1月11日、同グループのDMM Bitcoin(旧商号:東京ビットコイン取引所)が、仮想通貨取引サイト「DMM Bitcoin」の取引サービスを開始したと発表した。


 DMM Bitcoinでは、現物取引3通貨ペアおよび、レバレッジ取引14通貨ペアに対応しており、レバレッジ取引は5倍に固定されている。入出庫可能な仮想通貨は、当初ビットコインおよびイーサリアムをサポートする。また、DMM.com証券の「DMM FX」が提供する取引ツールと同様の視認性と機能性を有するツールを提供する。

 ツールは、取引に必要な機能・情報を集約しており、レイアウトも自由に変更可能。また、ストリーミング、指値・逆指値、OCOのほか、レバレッジ取引のみとなるがIFD、IFOなどの注文方法に対応する。一括決済やクイック決済も可能だ。チャートは、移動平均線、一目均衡表、MACD、RSIなどのテクニカル指標を搭載しており、チャートからの発注もできる。

 iOS、Android対応スマートフォンアプリも提供し、PC版取引システムに匹敵する機能を搭載。チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注も可能なほか、スマートフォンならではのポップアップ機能(レートアラート通知、経済指標アラート)も搭載している。サポートは、土日を含めた24時間対応する。

 取引手数料は、現物取引・レバレッジ取引ともに無料。レバレッジ手数料(スワップ)は、日歩0.04%相当の日本円をロールオーバー時に減算する。円貨への入出金は、振込入金手数料、クイック入金手数料、出金手数料が無料(振込時の銀行手数料はユーザー負担)となる。また、仮想通貨の入出庫についても、マイナーへの手数料以外は無料だ。

 なお、同社では取引サービス開始を記念したキャンペーンを実施。1月11日から3月31日までの間に口座開設を完了したユーザーのトレード口座に1000円が進呈される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]