logo

イタンジ、無店舗型不動産仲介サービス「nomad」事業を譲渡

加納恵 (編集部)2018年01月09日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタンジは1月9日、無店舗型の不動産仲介サービス「nomad」事業を、不動産の売買や仲介などを手がけるジャパンインベスターパートナーズに譲渡すると発表した。譲渡契約は1月1日付けで締結している。


不動産仲介サービス「nomad」

 nomadは、入居希望者が物件を直接見学できるほか、チャットで物件に関する質問などができる、不動産仲介サービス。東京都、神奈川県東部などを対象に利用されている。

 イタンジでは、事業譲渡後もアドバイザーとしてnomad事業に携わることが決定しており、イタンジで行なっている「CloudChintAI」「ノマドクラウド」事業など、法人向けサービスについては、引き続き事業を継続していく。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]