logo

プロセッサの脆弱性は全てのMacとiOS機器に影響--アップル、対策を公表

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年01月05日 12時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くのチップに存在する2つの脆弱性「Meltdown」と「Spectre」が明らかになった問題で、Appleは米国時間1月4日、全ての「Mac」と「iOS」デバイスが影響を受けると発表した。最新版のアップデートをダウンロードすることで、 Meltdownについては対処できるという。

 「Apple Watch」が影響を受けるのはSpectreの脆弱性のみだが、「Apple TV」は両脆弱性の影響を受ける。

 既にリリースした「iOS 11.2」「macOS 10.13.2」「tvOS 11.2」には、Meltdownの脆弱性を狙った攻撃から守るための対策が講じられているという。さらに、数日中にブラウザの「Safari」にもSpectre対策の修正を予定している。今後、iOS、macOS、「tvOS」、「watchOS」のアップデートにより、この問題に引き続き対処していく。

 Appleはサポートページで、現時点で顧客に影響する攻撃は確認されていないとしている。ハッカーがこの2つの脆弱性を悪用するためには不正なアプリを端末にダウンロードさせる必要があり、そのため「App Store」等の信頼できるソースのみからアプリをダウンロードするようユーザーに呼び掛けている。

 今回の2つの脆弱性が報じられたのは2日のことだ。翌3日、IntelやARMがこの脆弱性の存在を認めた。この脆弱性、MeltdownSpectreは最近のプロセッサのほとんどに存在し、コンピュータやスマートフォンを攻撃の危険に晒すという。Googleのセキュリティチーム「Project Zero」のメンバーを含む研究者らによると、ハッカーはこの脆弱性を利用し、端末上のメモリからプライベートなデータにアクセスできてしまう可能性がある。

 MeltdownとSpectreは特定のプロセッサや端末のみに限定されるものではなく、スマートフォン、コンピュータ、さらには、サーバも影響を受けるとみられている。現在、IT業界はOS、ブラウザ、クラウドサービスなどをアップデートし、この脆弱性への対応を急いでいる。


提供:Lexy Savvides/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]