logo

インテル、CPUに影響する脆弱性「Meltdown」「Spectre」対策でパッチを公開

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年01月05日 10時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間1月4日、同社製のプロセッサに影響する脆弱性「Meltdown」と「Spectre」に対応したパッチを公開し始めた。

 Intelはプレスリリースで、次のように述べている。「PCやサーバなど、Intelのプロセッサを利用しているあらゆる種類のコンピュータシステムに向けて、Googleのセキュリティチーム『Project Zero』が報告した両方の脆弱性(MeltdownとSpectre)にシステムが影響を受けないようにするアップデートを開発し、急ピッチで配布している」

 プロセッサに影響するこの2つの重大な脆弱性は、20年以上前から存在し、起動中のアプリのメモリからパスワードマネージャやブラウザ、メール、写真、文書のデータなどを攻撃者が盗めることが明らかになった。脆弱性を発見した研究者によると、コンピュータや携帯電話など、1995年以降の「ほぼすべてのシステム」が脆弱性の影響を受けるという。

 Intelは、過去5年間にリリースされたプロセッサ製品の大多数に対応するアップデートをすでに配布したと述べた。来週末までに、過去5年分のプロセッサの90%以上にアップデートが配布される、と同社は見ている。

 Intelはさらに、「多くのOSベンダーやパブリッククラウドサービスプロバイダ、デバイスメーカーなどが、製品やサービスをすでにアップデートしたようだ」とも述べている。Intelが5年よりも前のプロセッサ向けにパッチを用意する時期は、まだ不明だ。

 Intelによると、これらの脆弱性を悪用した例は知られていないが、同社は世界中のコンピュータユーザーに、OSなどのコンピュータソフトウェアの自動アップデートを有効にして、システムを最新の状態に保つよう促している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]