logo

Magic LeapのARヘッドセット、ついに詳細情報が公開--開発者向けリリースへ

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年12月21日 07時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Magic Leapは米国時間12月20日、「Magic Leap One Creator Edition」という拡張現実(AR)ヘッドセットの情報をついに明らかにした。開発者を対象に2018年にリリースする。「Lightpack」という小型コンピュータと有線で接続することにより、実物のようなオブジェクトを実世界に投影することができる。


提供:Magic Leap

 2011年創業のMagic Leapは、Alphabetや阿里巴巴(アリババ)といった大企業から19億ドル(約2200億円)もの資金を調達している。これまでその取り組みは、コンセプト動画がこの数年間で数回公開されただけで、ベールに包まれた状態だった。

 Magic Leapのゴーグルは「Lightwear」という名称で、メガネのように装着することができる。多数装備されたセンサやカメラによって「複合現実」(MR)が構築されると、同社はRolling Stoneに説明している。ヘッドセットは2つのサイズで提供され、「Control」というワイヤレスコントローラによって制御される。心地よい装着感を実現するために、ヘッドセットには額パッド、ノーズピース、こめかみパッドが付いている。


提供:Magic Leap

 Magic Leapのセンサは、壁や表面などの物体の位置を含む、ユーザーの物理的環境を検出することができる。ヘッドセットには実世界を模倣するオーディオが搭載されており、距離感を伝達してどの方向から音が聞こえるのかが分かるようにすると、Magic Leapは述べた。

 Magic Leapによると、ヘッドセットには「Digital Lightfield」技術が採用されているという。「当社のライトフィールドフォトニクスは、異なる深度のデジタル光を生成し、自然光とシームレスに融合することによって、実物のようなデジタルオブジェクトを実世界に共存させる」(Magic Leap)

 Magic Leapは同社ウェブサイト上で開発者らに対し、同社のヘッドセットを使用すれば、3Dオブジェクトを利用したショッピングや探検、コンピュータディスプレイの任意の空間への投影、ゲームのプレイ、仮想空間における他のユーザーとのつながりに対する新たな方法を生み出し、新しいクリエイティブな世界が創造できると提案している。

 同ヘッドセットの具体的な価格と発売情報は公表されなかった。2018年のリリースは、ソフトウェアの開発を始める開発者を対象としたものだ。Magic Leapは2018年前半にソフトウェア開発キット(SDK)を提供する予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]