logo

富士通、ノートPC用バッテリパックの一部に発火のおそれ--交換・回収を呼びかけ

坂本純子 (編集部)2017年12月13日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は12月13日、同社製ノートPCに搭載した一部のバッテリパック(パナソニック製造)において、発火し火災に至る恐れがあるとし、2018年1月下旬よりバッテリパックの無償交換をするとともに、バッテリ充電制御機能アップデートの実施を呼びかけている。

 対象となるバッテリパックは6万2521台で、対象かどうかはウェブ上に公開されているチェックツールで確認できる。

 同社は、2015年8月および2016年2月にバッテリパックの交換・回収を発表したが、今般、新たに交換・回収対象となるバッテリパックが判明したという。

 今回の対象は、2012年8月から2013年11月に製造したノートPCの一部(機種:LIFEBOOK SHシリーズなど)に同梱したバッテリパックおよびオプションバッテリパック(機種:FMVNBP224Wなど)。

 交換までの間は、バッテリパックを取り外しACアダプタをノートPC本体に接続して使用するか、バッテリ充電制御機能アップデートを実施する。

 対象となるのは、2012年8月~2013年11月に製造したノートPCの一部(54機種)に搭載されたバッテリパックおよびオプションバッテリパック。

【ノートPC】
LIFEBOOK A/E/P/S/Tシリーズ、FUTRO MA/MPシリーズ、

CELSIUS Hシリーズ、LIFEBOOK SH/PHシリーズ

【オプションバッテリパック】
FMVNBP210、FMVNBP222、FMVNBP224B、FMVNBP224W、

FMVNBP224R、FMVNBP228

 原因は、パナソニックでの製造時にバッテリ内部に異物が入り込み、短絡が生じることによるものと推測しているが、異物混入の原因は特定できていないという。

問い合わせ窓口(FMVバッテリパック交換ご相談窓口)
電話番号:0120-924-632(通話料無料)
受付時間:9時~17時(当社指定の休日を除く)

ノートパソコン用バッテリパックの交換・回収について : 富士通

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]