logo

Instagram、ハッシュタグのフォローが可能に

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月13日 09時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramは、ユーザーによるハッシュタグの活用を促進しようとしている。

 Instagramは米国時間12月12日、同社の写真共有ソーシャルメディアアプリで、個々のアカウントをフォローするのと同じようにしてハッシュタグをフォローできるようにしたと発表した。つまり、フォローするハッシュタグが付けられたすべての画像を、自分のInstagramフィードに表示させることができる。

Instagram
提供:Instagram

 ハッシュタグはこれまでInstagram上で、テーマ、場所、または内容に基づいて写真にタグ付けするためだけに使用されてきた。これまでは、ハッシュタグをタップするか、検索することによって、好みの写真を発見できる仕組みになっていたが、やや面倒な作業で、多くのInstagramユーザーが進んで使うものではなかった。無限スクロールという快適な操作の方が楽なのに、ハッシュタグを検索しようと思う人はいない。

 フォローできるようになれば、ハッシュタグはこれまでよりもはるかに有意義で便利なものになる。新しいものを見たいときにいちいちハッシュタグを手動で確認する必要がなくなるためだ。自分の投稿の末尾にハッシュタグを付けようと思うユーザーも増えるに違いない。

 これまで、ハッシュタグは常に、使ってもいいし使わなくてもいいといった感じで投稿に追加されていた。自分の写真がより多くのユーザーに見てもらえるようになる可能性はあるが、面倒なわりに効果が低い作業で、注目を集めようとやや必死になっている感も漂う(自戒の念を込めて言っている)。

 しかし今回Instagramが追加した機能は、写真にハッシュタグを付けたいとユーザーに思わせるものだ。

 Instagramのフォロワーを拡大してエンゲージメントを増やしたいと考えているユーザーには、特に効果がありそうだ。人気の高いハッシュタグを写真に付ければ、いつもは自分をフォローしていないユーザーのフィードにそれが自動的に表示される可能性があり、自分の素晴らしい才能をより多くの人々に知ってもらうことができる。

 Instagramは、このような種類の変更を今後さらに提供すると約束した。「ハッシュタグのフォローは、ユーザがコミュニティーを発見してそこから刺激を受けるための手段を提供する、われわれの取り組みの始まりにすぎない」と同社はブログに記した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]