logo

メルカリ、「スキルシェア」事業に参入--2018年春に開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは12月12日、フリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして、スキルシェアサービス「teacha(ティーチャ)」を2018年春に開始すると発表した。運営は、同社のグループ会社であるソウゾウが行う。


「teacha」

 teachaは、語学学習・習いごとなどのスキルや、個人が持っている知識のマッチングに特化したCtoCサービス。誰でも自分の得意なことや知識を教えることができ、また興味のある内容を学ぶことができる。語学・プログラミング・資格取得・料理・音楽・スポーツ/アウトドア・ハンドメイドなどの幅広い分野を対象とし、1時間単位で利用できるため、従来の習いごとや講座などに比べて気軽にチャレンジできるとしている。

 同社では、フリマアプリのメルカリを通じて、誰もが簡単にモノを売ったり買ったりすることができる世界を実現したと説明。新たに開始するteachaによって、知識やスキルというサービス領域においても、誰もが簡単に教えたり学んだりできる世界を目指すとしている。

 今回発表に併せて、同日よりティザーサイトを公開。教えたい人と学びたい人の事前登録受付や、パートナー企業・地方自治体の募集を開始した。事前登録した人には、一般公開に先行し、対応エリアにあわせた招待制での案内を予定しているという。

-PR-企画特集