logo

東京メトロ、移動距離に応じて“バーチャル旅行”ができるアプリ「tento.」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京メトロは12月4日、バーチャル旅行アプリ「tento.(テント)」(iOS)を12月5日に公開すると発表した。最新状況は、同社のアプリサイトより確認できる。


バーチャル旅行アプリ「tento.(テント)」

 このアプリは、「毎日の通勤・通学を楽しく〜通勤時間を旅の時間に〜」をコンセプトとしており、通勤・通学区間の累積距離をもとに国内や世界中をバーチャル旅行体験できるコンテンツを収録する。

 また、3つのコース(東京マラソンコース、国内のある文学作品にまつわるコース、海外のある大陸を横断するコース)を1度ずつクリアすると、最後に隠しコースが選択できるようになっている。各コース中には、チェックポイント(世界遺産などの有名スポット)が設定され、チェックポイント通過後にマイページから確認できるという。

 さらに、チェックインしているユーザー同士が会話できるチャット機能を用意。チェックイン後2時間のみ利用可能で、発言した内容は30秒で消えるようになっている。同社によると、チャット機能によって旅先で偶然同じ列車に乗り合わせた人たちと交わすような会話が楽しめるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]