logo

グーグルのVR「Daydream View」が12月13日に国内発売--価格は1万2000円

山川晶之 (編集部)2017年12月01日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国内ではチャコールグレーのみがラインナップされる。
Scroll Right Scroll Left

 国内ではチャコールグレーのみがラインナップされる。

 グーグルは12月1日、VRヘッドセット「Daydream View」を国内のGoogleストアで12月13日より発売すると発表した。価格は税込み1万2000円で、1日より予約受付を開始する。


国内でも「Daydream View」を発売

 Daydreamは、没入型モバイルVRプラットフォーム。Daydream Viewは、そのVRコンテンツを楽しむためのビューワーとなり、ファブリック素材でフィット感と通気性に配慮したヘッドセットと、専用のモーションコントローラで構成される。

 スマートフォンは、Daydream対応端末が必要となる。国内では、LGの「V30+」、モトローラの「Moto Z」、ZTE「Axon 7」、ASUS「ZenFone AR」、サムスン「S8/S8+/Note 8」の7機種をラインナップする。また、V30+ではキャンペーンとして端末購入者にDaydream Viewをプレゼントする。


国内では7機種のDaydream対応端末をローンチ。ただしPixel 2について国内販売の予定は今のところないとしている

 当初提供するコンテンツは、YouTube VR、Google Photo、ストリートビューといったグーグルサービスのほか、ディスカバリーチャンネルのVRコンテンツ、Rez InfiniteがDaydreamに対応する。また、国内コンテンツホルダーとしてAbema TV、コロプラ、グリーなどとも協業する。なお、グローバルでは250のDaydreamアプリが展開されている。

 Googleアプリとの連携も図られており、テレビに接続したChromecastと連携することで、Daydream Viewを装着しているユーザーが見ている映像を、テレビに映し出すことができ、友人や家族とVR体験を共有できるという。

 このタイミングでの国内ローンチとなった理由について、Google DaydreamプロダクトリードのAndrew Nartker氏は「Daydreamローンチにはエキサイティングなストーリーが必要。日本においてもコンテンツパートナー、端末メーカーを確保することが前提にあるべきだろうと考えた」とした。また、グーグル「Pixel 2」の国内投入については、「より多くのGoogleプロダクトを提供したいが今のところ予定はない」とした。

-PR-企画特集