logo

約8万9000人を動員、経済効果は約18億円--「Pokemon GO」の鳥取砂丘イベント

佐藤和也 (編集部)2017年12月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」の様子
Scroll Right Scroll Left

「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」の様子

写真提供:Niantic, Inc.

 鳥取県は11月30日、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」をテーマに、11月24~26日に開催したイベント「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」について、参加者数ならびに経済効果を公表。3日間で約8万9000人を動員し、経済効果は約18億円という。

 このイベントは鳥取県にある鳥取砂丘で、バリヤードやアンノーンなどといったポケモンが出現するという内容。主催者である鳥取県が発表した内容によれば、鳥取砂丘での参加者数は24日が約2万1000人、25日が約3万7000人、26日が約3万1000人で計約8万9000人。経済効果については、観光消費額(推計)が約13億円、PR効果(広告換算額)約5億円で計約18億円という。

 また、Pokemon GOの運営元であるNianticのブログによれば、イベント期間中において、鳥取砂丘内では1200万匹のポケモンが捕まえられたとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]