logo

ゴッパ、USB-IF認証済みUSB-PD規格対応充電器「Energearシリーズ」発売へ

坂本純子 (編集部)2017年11月30日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴッパは11月30日、USB Power Delivery(USB-PD)規格対応ACアダプタ及びカーチャージャ「Energearシリーズ」を12月下旬より発売すると発表した。アイ・オー・データ機器を通じて販売する。

 同社によれば、USB-PD規格に準じて設計され、USB Implementers Forum(USB-IF)で認証された日本で初めてのUSB-PDチャージャという。そのため互換性の心配をせずに利用できるほか、接続端子にUSB Type-Cコネクタを採用しているため、裏表を気にせず利用できる。

USB Power Delivery(USB-PD)規格対応ACアダプタ及びカーチャージャ「Energearシリーズ」
USB Power Delivery(USB-PD)規格対応ACアダプタ及びカーチャージャ「Energearシリーズ」

 ACアダプタは46W(6980円)と65W(7980円)の2種類をラインアップする。スマートフォンやタブレットなどの小型デバイスはもちろん、MacなどのノートPCにも対応する。本体カラーはホワイトとブラックの2色。Macのアダプタのような四角いシンプルな形状で、プラグは折りたためる。

動作確認済みの機器一覧
動作確認済みの機器一覧

 付属のUSB Type-CケーブルもUSB-IF認証品を取得したもので、長さは1.8m、USB-PD規格最高電流の5Aまで対応する。

 カーチャージャは27W(3980円)と30W(3980円)の2種類をラインアップする。30WタイプはUSB Type-Cコネクタに加えてUSB Type-Aコネクタも装備しており、2つのポートを同時に使用できる。スマートフォンがUSB-PDに対応していれば車での移動中にスマートフォンを高速に充電できる。長さ90cmの5A対応USB-IF認証ケーブルが添付する。

 本製品をリリースするにあたっては、米国グラナイトリバーラボが互換性テスト行った。

 グラナイトリバーラボ・ジャパンの仲丸直江氏は、USB-PDのメリットについて「USB Type-Cでも充電はできるが、USB Type-Cでは最大3A(5V)に対し、USB PDは最大5A(20V)」と説明した。大容量を扱えるようになるなど機能が向上した一方で、ホスト、デバイス、ケーブルの組み合わせでパフォーマンスが変わる複雑さも併せ持つ。

 特に、ケーブルは特に重要になっており、「粗悪品だとせっかくのパワー給電もネゴシエーションができずうまく動かない。コネクタ間が溶けるということにもなりかねない」と注意を促した。

 なお、本体に添付する2種類のケーブルはオプションケーブルとして単体でも2480円~、販売する。ラインアップと価格は下記のとおり。

ラインアップと価格
ラインアップと価格

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]