logo

英、ドローン所有者への試験を検討--飛行区域の規制強化も

Charlie Osborne (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月28日 08時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国政府は、ドローン所有者に対する新しい規則を導入する計画だ。安全性のための試験を受けることを新たに義務付けるほか、飛行禁止区域が設けられる可能性がある。


提供:BALPA

 英国で自動車の運転免許を取得するには、時間と費用のかかる手続きが必要だ。実技試験に合格するだけでなく、道路交通法規に関する筆記試験を受け、面倒な危険認知試験も受けなければならない。

 今回、英国のドローン所有者に対し、愛用するドローンを飛ばすために類似の手続きを踏むことが求められるようになる可能性がある。

 BBCが報じたように、英国政府の精査を受ける新しい法規制は、趣味でドローンを飛行させたい人に対して、合法的にドローンを飛行するための安全性認識試験を受けることを義務付けるものになる。

 その報道によると、この要件を満たさずにドローンを飛行させた場合、警察は「犯罪行為に使われた可能性がある」ドローンを差し押さえる新しい権限を行使することができ、この権限は、免許なしで違法に飛ばされたドローンにも適用される可能性があるという。

 新しい規則は、重量が250gを超えるすべてのドローンに適用される予定だ。主に子供向けの小型軽量モデルを除き、娯楽用ドローンの大多数がこれに該当するという。

 また、重量が250gを超えるドローンは、400フィート(約122m)を超える高度での飛行と、空港や、ジオフェンシング技術によって実現される検知領域の近くでの飛行が禁止される可能性がある。

 DJIなどのドローン開発企業は既に、飛行禁止区域に対応するファームウェアベースの技術を実装しているが、それによって、その制約を解除するためにファームウェアがひそかにハッキングされるといった問題も発生している

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]