logo

[ブックレビュー]文字にして心を鍛える方法--「『手で書くこと』が知性を引き出す」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文響社
内容:手で書くことが心のトレーニングになるという「ジャーナリング」の入門ブック。アイデア出しや今抱えている問題点の整理などにも最適な“書くこと”の効果を教えてくれる1冊。

 ふだん、考えていることはただ流れていってしまい、ほんの一瞬前でさえも、自分が何を考えていたのか思い出せないことは多い。そうして思考している中には、取るに足らないこと以外にも、日常の重要なことや自分の本心なども含まれている。それをただ流してしまうのではなく、手で書きとめておくことは、実はとても大切なことなのではないか。

 本書は、「手で書くこと」で自分の心に向き合う「ジャーナリング」という手法を紹介している。ジャーナリングは、「マインドフルネス=注意深さ」を鍛えるのに効果的であるという。マインドフルネスと言えば「瞑想」だと思いがちだが、ジャーナリングは「書く瞑想」であるといい、さまざまな問題について手で書くことにより、心のトレーニング活動ができるのだそうだ。

 いきなり、自分の抱えている実際の問題に向き合わなくても、「もしも10億円が手には入ったら」「7歳の頃の私になりきって夢を描く」など、ありえない設定で遊んだり、ほんとうに大事にしたいことを思い出したりといった、わくわくするようなワークがたくさん用意されている。家でもオフィスでも5分ほどのワークからできるので、気負わずに始めてみるのが良さそうだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]