logo

B&Wから初のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン--aptX HDにも対応

加納恵 (編集部)2017年11月25日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bowers & Wilkinsは11月24日、初のBluetoothノイズキャンセリングヘッドホン「PX」を発売する。aptX HDに対応したほか、3つのノイズキャンセリングモードを備える。発売は11月末。想定税別価格は5万4000円になる。


Bowers & Wilkins「PX」

 PXは、「P9 Signature」の系統を受け継いだ40mmのフルレンジドライバを搭載し、トランスデューサーを配置することで、自然な再生音を実現。オーディオコーデックaptX HDとあわせ、高音質再生を追求する。

 アクティブノイズキャンセリングモードは、シティ、オフィス、フライトの3モードを用意。専用アプリから操作ができ、オフィスでは周りの音声を聴くことができる。

 850mAhのリチウムポリマバッテリで駆動し、ワイヤレス接続では最大22時間、有線接続では最大50時間(ともにノイズキャンセリングはオフ)の再生が可能。1.2mのオーディオケーブルとUSBケーブル、キャリングポーチが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集