logo

Ankerから「Amazon Alexa」対応スマートスピーカ3機種--バッテリ内蔵の防水モデルも

山川晶之 (編集部)2017年11月08日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンカー・ジャパンは11月8日、スマートホームブランド「Eufy」において、「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカ「Eufy Genie」を発表した。価格は税込み4980円で、2017年内に販売開始するとしている。


「Eufy Genie」

 Amazon Alexaに対応しており、話しかけるだけで音楽再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スマート家電の操作などが可能。サードパティから提供される「スキル」を追加することで、機能を拡張できる。また、Eufyブランドのスマート家電も、専用アプリを使うことで簡単に連携できるという。

 スピーカには、アルミニウム合金ドライバを採用した2Wのモノラルスピーカを搭載。音のゆがみを抑え、サイズ以上の高音質を実現しているという。また、広範囲の音声処理を実現する「AudioSmart」機能により、あらゆる場所での音声認識が可能。エコーキャンセラーも搭載し、音楽再生中や音声プロンプトの途中でも声を認識できるという。


さまざまなシーンで利用可能

 また、アンカー・ジャパンでは、同社のスマートオーディオブランド「Zolo」においても、Amazon Alexa対応のスマートスピーカを発表した。2018年での国内販売を予定している。スマートホームのコアデバイスとしての役割がメインのEufy Genieと異なり、オーディオとしての性能を強化しているという。

 Zoloのスマートスピーカは、バッテリ内蔵モデルと非内蔵モデルの2種類をラインナップ。非内蔵モデルは、5Wのモノラルスピーカを搭載し、重さ約318gとコンパクト。バッテリ内蔵モデルは、6Wのスピーカーをステレオで搭載し、約8時間のバッテリ駆動を実現。また、IPX5相当の防水規格に準拠している。重さは約670g。


アンカーのスマートオーディオブランド「Zolo」からもAlexa対応スマートスピーカを2機種ラインナップ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]