logo

オスプレイのような角度可変ローターで飛ぶドローン、スイスの大学生チームが開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スイスのチューリッヒ工科大学(ETH)およびチューリッヒ芸術大学(ZHDK)に所属する学生で構成された新型ドローン開発チームVoliroは、6個の角度可変ローター(ティルトローター)で飛行するヘキサコプターの開発に取り組んでいる。実際に飛行する試作機はすでに完成済み。


ティルトローターで飛行するヘキサコプター(出典:Voliro)

 Voliroのドローンは、ローターの向きをそれぞれ独立して最大12°まで変えられるティルトローターを6個搭載。ティルトローター機「オスプレイ」のヘキサコプター版だ。固定ローターの一般的なドローンの場合、前進や後退といった位置移動の際には機体全体を傾けなければならないが、Voliroのドローンは進行方向と機体の向きを一致させる必要がない。

 機体制御と移動の自由度が高まるため、従来のドローンでは考えられなかった動きや用途が可能になるという。例えば、垂直な壁に貼り付くような方向を向き、そのまま壁に沿って移動する、といった飛行が実現できる。


壁に貼り付くような向きのまま飛行(出典:Voliro)

 Voliroは開発をさらに進め、3つのローターだけで離着陸できるようにしたい、としている。また、6個のティルトローターを制御することは難しいものの、直感的に操縦可能にする方針だ。


Voliroの一部メンバー(出典:Voliro)
開発しているドローンの紹介ビデオ(出典:Voliro)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]