logo

タイトー、電車運転士体験ゲーム新作「電車でGO!!」の稼働を開始

佐藤和也 (編集部)2017年11月07日 18時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイトーは11月7日、アーケードゲーム「電車でGO!!」の稼働を開始した。プレイ価格は1プレイ200円からで、走行区間によって異なる。またチュートリアルは1プレイ100円としている。

「電車でGO!!」スクリーンショット
「電車でGO!!」スクリーンショット
(C)TAITO CORPORATION 1996, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
JR東日本商品化許諾申請中

 本作は、電車運転シミュレータの先駆けとして展開し、2017年で20周年を迎える「電車でGO!」シリーズの最新作。電車の運転席をイメージした全4画面の大型筐体の中で、タッチパネルで戸閉灯や速度計の指差喚呼(しさかんこ)を行ったり、フットペダルの警笛を鳴らすなどの運転士業務を行いながら、目的駅の停車位置にぴったり電車を止めるゲームとなっている。

 グラフィックは、スクウェア・エニックス ヴィジュアルワークスが制作。JR山手線内回りの原宿~品川間を舞台に、朝の通勤ラッシュや夕暮れ、晴れや雨などきめ細かいシチュエーションでの運転が体験できるという。稼働後も定期的にオンラインアップデートを実施し、全国各地の新規路線を追加する。

-PR-企画特集