logo

講談社とポリゴン・ピクチュアズ、合弁会社「講談社VRラボ」を設立

佐藤和也 (編集部)2017年10月27日 19時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社とポリゴン・ピクチュアズは10月27日、VRを中心とした新しいエンターテインメントを研究・製作する合弁会社「株式会社講談社VRラボ」を、10月17日付けで設立したと発表した。

講談社とポリゴン・ピクチュアズと共同で展開しているVRアイドルプロジェクト「Hop Step Sing!」
講談社とポリゴン・ピクチュアズと共同で展開しているVRアイドルプロジェクト「Hop Step Sing!」

 合弁会社の設立は、コンピューターグラフィックス表現の実力と広範なネットワークを持つポリゴン・ピクチュアズと、 講談社の目指す「おもしろくて、ためになる」エンターテインメントをさらに進化させていくためのベストパートナーであると考えが一致したことによるものとしている。新会社では講談社のグループ会社として、コミック、アニメ、テクノロジー、新規事業開発の分野で活躍してきた人材を投入。VRやAR、その他の先端表現技術を活用した新世代のストーリーテリングを研究、制作するための中核的な役割を果たすという。

 かねてから講談社においては、VRコンテンツ制作を中核業務としたチームを設立し、キャラクター事業を展開。ポリゴン・ピクチュアズと共同で、VRアイドルプロジェクト「Hop Step Sing!」を展開している。

 新会社の資本金1000万円で、株主構成は講談社が70%、ポリゴン・ピクチュアズが30%。代表取締役社長は森田浩章氏が就任する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]