logo

ソニーからスマートスピーカ--Googleアシスタント対応、360度の高音質サウンド

加納恵 (編集部)2017年10月26日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月26日、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカ「LF-S50G」を発表した。音声によるハンズフリー操作ができるほか、照明器具やテレビなど対応機器のコントロール機能を備える。発売は12月9日。想定税別価格は2万5000円前後になる。


「LF-S50G」。ボディカラーはブラック、ホワイト、ブルー

 直径約110mm×高さ162mm、重量約750gの円筒形で、音声が全方向にバランス良く広がる、360度サウンドを実現。スピーカを触らず、手のジェスチャーでコントロールできる「ジェスチャーコントロール」や、周囲の環境に合わせて音量を自動で調整する「おまかせ音量」、IPX3相当の防水性能などを備える。

 Googleアシスタントによる、メディア再生、対応機器の操作、情報検索などの機能を備え、スマートスピーカとしての便利さを追求する一方、ソニーならではの高音質再生を実現。簡単操作により自宅内での音楽再生環境を変化させ、スピーカ市場の活性化を狙う。

 53mmのサブウーファを下向きと、48mmのフルレンジスピーカを上向きに対向配置したことに加え、真ん中には自身の不要な共振を抑え、クリアなボーカルと豊かな低域を両立する「2ステージディフューザ」を採用。独自のスピーカ構成と配置により、コンパクトボディながら、高音質な360度サウンドを再生できる。


内部構造の模式図

 ファブリック素材のカバーは取り外して水洗いも可能。Wi-Fiのほか、Bluetoothも備え、対応コーデックはSBC。AC電源で駆動する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]