logo

アマゾン、AI研究センターをドイツに開設へ

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年10月24日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインショッピングのアルゴリズムを開発するAmazonのビジネスモデルにとって、ますます重要な役割を担うようになっているのが、さまざまなオンラインウェブサービスと、利用が拡大する人工知能(AI)アシスタント「Alexa」だ。そこでAmazonは未来のテクノロジへの投資として、Amazon Research Centerの新たな拠点を設ける計画を明らかにした。場所は、ドイツのテュービンゲンにあるマックス・プランク・インテリジェントシステム研究所の近くだ。

 Amazonは、機械学習を専門とする100人のスタッフをこの新しい研究所に配置し、125万ユーロ(約1億6000万円)を新たな研究グループに投資する計画だ。この地域では、ロボティクス、機械学習、マシンビジョンなど、AIにとって欠かせない分野の研究がすでに行われている。

 Amazonは、マックス・プランク研究所に所属する2名のディレクターを「Amazon Scholar」に任命した。その1人であるBernhard Scholkopf教授は、機械学習を専門とする。もう1人のMichael J. Black教授はマシンビジョンを専門としており、人体の3Dモデリングを手がけるBody Labsの共同創設者だ。Body Labsはニューヨークに本拠を置く企業で、数週間前にAmazonに買収されている。ただし、買収金額は明らかにされていない。

Bernhard Scholkopf教授
Bernhard Scholkopf教授
提供:Wolfram Scheible/Amazon

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]