logo

米FAA、「自由の女神」など歴史建造物をドローン飛行禁止空域に

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月29日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦航空局(FAA)は米国時間9月28日、「自由の女神像」などを含む10の歴史的建造物を対象に、境界線から400フィート(約121.9m)以内で無人航空機(UAV)を許可なく飛ばすことを禁じる命令を出した。FAAによると、同局は米国家安全保障局および法執行機関の要請を受けて、今回の措置を実施するという。


自由の女神像付近へのドローン飛行が新たな規制の対象になる。
提供:Kena Betancur/Getty Images

 「(米国国定の)歴史的建造物の上空でのUAVやドローンの飛行に関して、FAAが制限を設けるのは今回が初めてだ。飛行制限空域に侵入したドローンの操縦者は、民事上の罰則や刑事罰の可能性を含む法執行措置の対象になる」

 FAAは一般の人々に飛行制限空域を周知するため、インタラクティブマップを公開している。飛行制限空域には、以前より禁止されていた軍事基地や空港の上空も含まれる。

 この新しい制限措置は10月5日から実施される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集