logo

Twitter、米大統領選干渉疑惑に関連するロシアのアカウント201件を検出

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月29日 08時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、Facebookで広告を購入し、2016年の米大統領選に影響を与えた疑いがあるロシアのアカウントに関連するとみられる、201件のアカウントを検出した。

 Twitterは米国時間9月28日、ワシントンDCで開かれた上下両院の情報特別委員会との非公開の会合で、米議会の調査員らに伝えた。Twitterによると、Facebookが調査の過程で公開した約450件のプロフィールを確認したところ、一致するTwitterアカウントが22件見つかったという。この22件は、179件の他のTwitterアカウントに関連付けられていたという。

 同社は公式ブログで、Twitterの規則に違反していたアカウントは使用停止にしたと述べた。

 Twitterは、「Facebookが共有していた元のアカウントも、われわれが特定したさらなる関連アカウントも、Twitterで広告主として登録されていなかった」としている。「しかし、われわれはこの問題の調査を継続し、当社の利用規約に違反するものがあれば措置を講じる」

Twitterが米大統領選干渉疑惑に関連するロシアのアカウント201件
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]