logo

URL短縮サービス「p.tl」が終了へ--880万件以上がリンク切れに

藤井涼 (編集部)2017年09月19日 14時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピクシブは、同社が2010年から運営するURL短縮サービス「p.tl」の提供を、9月29日12時をもって終了することを発表した。なお、2014年から短縮URLの新規発行は終了していた。

 URL短縮サービスは、長い文字列のURLを短くできるサービスで、リダイレクトによって本来の長いURLに接続する。「Google URL Shortener」や「URX.NU」など複数のURL短縮サービスが存在するが、中には不正利用などを理由に新規発行を停止しているサービスもある。

 ピクシブによれば、これまでp.tlで短縮された累計URL数は888万6484件。9月29日以降はこれらの短縮URLがリンク切れとなるため、リンクを設置しているウェブサイトなどは、終了日までにリンク内容を変更するようアナウンスしている。


URL短縮サービス「p.tl」

 【追記:9月19日22時】ピクシブはサービス終了の経緯を説明した。

 p.tlは約3年前となる2014年5月4日に短縮URLの新規生成を停止した。現在では発行済URLの99%以上に対してアクセスが発生しておらず、すでにリンク切れしているものも多数存在する状況だという。

 また、新規生成停止後も「マルウエアに感染したサイトやスパムメール、 フィッシング等にp.tlが利用されている」という問い合わせをユーザーや警察署から受けており、随時内容の目視確認・審査といった対応を実施していたという。

 pixivや主力サービスの改善に注力するため、また不正サイトへの誘導の根本的な抑止のために、p.tlについては利用者に案内をしたうえでサービスそのものを終了することにしたとしている。なお、第三者による転用が行われないよう、p.tlドメインは今後もピクシブが所有するという。

-PR-企画特集