logo

パイオニア、MEMSミラー採用の「3D-LiDAR」開発--自動運転車向け

加納恵 (編集部)2017年09月07日 16時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9月7日、自動運転車向けデバイス「3D-LiDAR」にMEMSミラーを用いた車載用センサを開発したと発表した。9月下旬から国内外の自動車メーカーやICT関連企業にサンプル供給を開始する。


 3D-LiDARは、遠方の物体までの高精度な距離の測定や、物体の大きさを検出できる走行空間センサ。パイオニアでは2020年以降の量産化を目指し、開発を進めている。

 開発したMEMS方式の3D-LiDARは、開口部の小さいMEMSミラーとレンズを組み合わせ、光学設計を最適化することで、車載用途での実用化を可能にするもの。サンプルを供給することで、実用化に向けたトータルシステムとしての動作を検証する。

 検証結果を基に、各企業の使用用途に適した仕様や形、サイズなどを検討。あわせて独自のデジタル信号処理手法を用い、これまでのLiDARでは難しいとされていた黒色の物体や遠方物体の計測能力を高める技術開発を進めていく。一般道でのレベル3もしくはそれ以上の自動運転車両への搭載や、次世代GISサービスなどへの活用を目指す。

 3D-LiDARは、10月末から開催する東京モーターショーにサンプル出品する予定だ。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]