logo

アウディ、屋根に太陽電池パネルを搭載するEV--2017年中にプロトタイプを完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Audiは、太陽電池パネルを手がける中国のHanergy Thin Film Power Group(漢能薄膜発電集団)および同社子会社Alta Devicesの協力を得て、屋根に太陽電池パネルを取り付けた電気自動車(EV)の開発に取り組むと発表した。プロトタイプ車を2017年中に作る計画。


ルーフの太陽電池パネルで電力を得る(出典:Audi)

 自動車のルーフに装着した太陽電池パネルで得る電力は、エアコンやシートヒーターに供給する。これにより、1回の充電で走行可能な距離を増やすことを狙う。最終的には、太陽光発電による電力を走行用バッテリへの充電に使う考え。


参考画像:電気自動車「Audie-tron Sportback」のコンセプトデザイン(出典:Audi)

 今回の開発プロジェクトでは、まず、Devices製の薄膜太陽電池セルをサンルーフにだけ取り付ける。その後、ルーフ表面のほぼ全体を太陽電池セルで覆う。

 米CNETの報道によると、プロトタイプ車の第一弾が2017年末までに完成することから、2018年には量産モデルに近いバージョンが登場する可能性があるという。

 なお、屋根に発電パネルを装着した自動車は、トヨタ自動車がハイブリッドカー「プリウス」で計画中という。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]