logo

Uber、配車サービス利用後に乗客を追跡する機能を廃止へ

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年08月30日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uber Technologiesは、物議を醸しているアプリ内追跡機能を廃止する。これは同社が「乗車終了後の収集」と呼んでいる機能だ。

 Uberは通常、乗客を乗せて走行中の車を追跡してデータを収集し、建前上はよりよい体験を生み出すためにそのデータを使っている。しかし2016年、乗客の降車後もさらに5分間にわたってUberが乗客の追跡を続けていたことが明らかになった。

 Uberはこの機能をめぐってプライバシー擁護派や顧客から批判され、利用者の中には同アプリの使用をやめると言い出す人もいた。その5分間追跡する機能が、このほど廃止されることになった。

 一切追跡してほしくないという乗客は、Uberアプリのプライバシー設定内でそのように設定できる。ただし、配車を依頼する時は毎回、乗車と降車の場所を手作業で入力しなければならなくなる。


提供:Uber

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]