logo

テックビューロら3社、ブロックチェーン活用の不動産情報共有、利用実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テックビューロは8月24日、LIFULL、CAICAとともに、テックビューロのブロックチェーン技術「mijin」を活用した不動産情報共有、利用の実証実験をすると発表した。


 実証実験は、不動産情報流通における情報の一元化に対する、ブロックチェーン技術の有効性を確認することが目的。LIFULLが運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」などのデータを用い、散在している不動産情報のひも付けを、ブロックチェーン上で接続・共有する仕組みと、その有効性を検証する。

 実証実験では、テックビューロが、mijinブロックチェーンおよび実証実験環境を提供。LIFULLは、LIFULL HOME'Sの物件情報の提供と、mijinブロックチェーン上での不動産情報共有・利用システムの実装と検証を担当し、CAICAは実証実験のコンサルティング、およびmijinブロックチェーンの実装支援を担当する。

 mijinは、非改ざん性とユーザー認証・暗号化を備えたプライベート型ブロックチェーン製品。アプリケーションとの接続性が高く、データ送受信がシンプルに行えるのが特徴だ。テックビューロは、mijinの適用により、登記簿謄本や契約書、公的証明など大量の台帳や、文書およびデータベースを一元的に扱い、設計や開発、導入のコストや時間を削減し、業務の効率化が図れる可能性があるとしている。

-PR-企画特集