「MERY」復活へ--DeNAと小学館、共同出資で「株式会社MERY」設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は8月3日、小学館とデジタルメディア事業を行う共同出資会社として、「株式会社MERY」を8月8日に設立することで合意したと発表した。

 MERYの資本金は、6億5万円(資本準備金を含む)。出資比率は、小学館が66.66%、DeNAが33.34%。代表取締役社長には、小学館の取締役副社長である山岸博氏が就く。

 DeNAと小学館は基本合意により、デジタルメディアのあり方について双方の知見を交換し合う形で検証作業を行ってきた。その中で今回、女性向けファッション情報を中心とするデジタルメディアを共同運営することを目的とし、新会社を設立することにしたという。

 共同出資会社では、記事掲載に至るまでの作成、編集、校閲などのノウハウが必要な業務に関しては小学館が担当。システム構築やネット上のマーケティングなどのサポートについては同社が中心となり、体制を確立するという。

 そのうえで、MERYにおける運営体制を抜本的に刷新。すべての記事を新たなプロセスにのっとり作成し、新しいMERYの誕生を目指す。

 共同出資会社は、小学館のデジタルメディアに対するアドバイザリーや分析などのサポート業務も行うという。なお、非公開化前のMERYで生じた諸問題については、引き続きペロリが対応する。

DeNA、「WELQ」騒動で「MERY」以外の9媒体を非公開に--守安社長「私自身の判断の甘さ」(2016/12/1)
DeNA、「MERY」を含むキュレーション記事すべてを非公開へ--第三者委員会で調査(2016/12/5)
DeNAと小学館、デジタルメディア事業の創出・運営で基本合意書を締結(2017/4/20)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加